はなまるパピもす(アラサー育休(してた)メンズ)の日記

男性育児休業取得者による子育てログです。乳児はなまると妻やはまるをチヤホヤしています。是非ご一読とコメントを

なぜ今、男性の育児休業なのか?

男女の「仕事と育児の両立」を支援するためです。

積極的に子育てをしたいという男性の希望を実現するとともに、パートナーである女性側に偏りがちな育児や家事の負担を夫婦で分かち合うことで、女性の出産意欲や継続就業の促進にもつながります。また、急速に進む少子化の流れから、年金や医療などの社会保障制度が立ち行かなくなってしまうという危機的な状況にあり、次世代を担う子どもたちを、安心して生み育てるための環境を整えることが急務となっています。
その環境整備の一環として、育児休業制度などの充実をはかり、男女ともに育休取得の希望の実現を目指しているのです。

2020年の男性の育児休業取得率を13%を目標に!

平成19年12月、労働界、地方の代表等の合意のもと、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」と、「仕事と生活の調和推進のための行動指針」が策定され、目指すべき社会の姿や、企業・労働者・国・地方公共団体が果たすべき役割などが具体的に記されて、取り組まれてきました。平成22年6月には2020年に男性の育児休業取得率を13%、育児・家事関連時間(6歳未満の子どものいる家庭)を1日2.5時間など、具体的な数値目標も設定されました。また、平成27年6月に閣議決定された「日本再興戦略2015」においても、2020年に男性の育児休業取得率13%の目標が明記されています。

「イクメン企業アワード」「イクボスアワード」で企業も上司も変わる

2013年から「イクメン企業アワード」を実施し、男性の仕事と育児の両立を促進し、業務改善も図られている企業を表彰しています。また2014年から「イクボスアワード」として部下の仕事と育児の両立を支援する上司を表彰しています。これらの表彰を通じて先進的な取組を普及することなどにより、両立支援の輪を広げています。

「イクメン企業アワード」「イクボスアワード」

 

というように「厚生労働省」の「

ikumen-project.mhlw.go.jp

」には書いてあります。

 

ボク自身は、べつに大きなことを考えて育児休業を取ることにしたんじゃないんだけどね。

 

理由はかなりシンプルで妻から「育休とりなよ」×8回くらい、

「育休も取れないような職場なの?しょぼ」と2回くらい言われたからでした。

 

「なに喧嘩売ってんだよ」と言いそうになって、

でも、「いや、ちょっと待てよ、それだけの理由があるのかもしれないな」と思い直して考えて、

とにかく育児休業をとるという行為を通して子育てへの誠実さを求めていたり、妻自身の育児の不安を現しているのかな、って思い至りました。

 

ボクの職場では育児のために中長期で仕事を休む人はいなかった(聞いたことがなかった)ので、全然選択肢になかったのですが、「育児休業を取ろう」と決めると色々と新しいことが見えてきて、どうしたら仕事を引き継げるのか、どうしたら育児を仕事に活かせるのか、、、と仕事の仕方、在り方を再検討することができました。

 

以前より、仕事をよりよくするために「代替性を上げよう」そのために「標準化しよう」、「マニュアルの整備」、「文化づくり」・・・って先輩後輩に話していたので、「今こそ、チャレンジのタイミング!」って逆に確信をもって育児休業にチャレンジすることができました。

 

 

育児休業に関する考え方について、それを促進する厚生労働省やNPO法人の発信する内容を学んでいくと、女性活躍や働き方改革のキーポイント、表現によっては「ボウリングの一番ピン」と言われていることがわかってきた。

 

「ハラスメント」などを切り取っても、その原因は相手への不理解であるし、女性が自然に仕事で力を発揮する環境を作るには、男性による女性の抱えるハンデキャップへの理解やハンデキャップを押し付けがちな社会や自分自身を認識する必要がある。

働き方改革という視点でいけば、仕事の代替性を上げていくことで属人化を防ぐ、特定の人に仕事が偏るのを防ぎつつ、全体的に優秀な事例をベースに仕事ができれば成果も上がりやすくなる。仕事を体系的にとらえ、見える化することで自社で採算の合わない仕事は外注したり、やめたり、AI/RPAなどを活用して人が負担しなくてもよくなるように動いていくこともできる。

「人手不足」を理由に施策が打てない会社もあるだろうけど、そういう会社は徐々に疲弊し、淘汰されていく。

今は転換点なんだと感じるようになった。

 

 

「育児休業を取ったら、周りから白い目で見られたりする」って、ありもしない空想で取得に踏み切れないっていう心理現象もあるから、「できない」としか思えない人には無理を強いるものではないけど、このブログを覗くような縁がある人は、関心がある人だと思うので、是非踏み切ってほしいなって思います。

 

たぶん、近々男性の育児休業はスタンダードになるだろうし、そういった経験をしなかったことが逆にハンデキャップになるようなこともあるんじゃないかって感じてます。

 

名古屋商工会議所が愛知県、名古屋市と一緒にこんなイベント開催するみたいです。

名商イベントカレンダー - 第2回働き方改革研究会「男性の育児休業と働き方改革」

NPO法人ファザーリングジャパンの名前は、育児休業の方のブログを読んでいるとたまに出て来ます。どんな活動してるのかな、ボクも加入できるのだろうか。

 

また読みにくい記事になってしまったけど、こういうのも残しておきたかったので記しました。

時間を空けて校正かけていきます。